水木しげる近況

2010.11.15文化功労者顕彰(11月15日)

このたび、水木しげるは文化功労者となりました!
11月4日は、その顕彰式!水木夫妻は顕彰式が行われたホテルオークラへ。感想を聞かれて「大変ウレシイですね!でも88歳にもなると少しくらいのことでは驚かんね」とコメント。
妻に「少しなんて!文化功労者は大変なことなのよ」とたしなめられていた。

そのあと、水木は皇居へ。天皇陛下主催のお茶会のお招きを受けたのだ。
天皇皇后両陛下、皇太子様と同じテーブルを囲みリラックスしてお話させていただいたらしい。
皇后様は「朝のドラマ、拝見しておりました。奥様お元気ですか?」とおっしゃったそうだ。
また、皇太子様には妖怪の話を。「電気が妖怪を消したんです!」と水木の持論を展開。
そして天皇陛下に、水木は自らの戦争体験を語ったという。
「ラバウルでは前線の前線のそのまた前線。最前線に行かされました。9人中、私一人だけが生き残ったんです。みんな死にました・・・」と。
天皇陛下の質問にも丁寧に答えたという。

水木は、数年前に旭日小授章をいただいたときにも
「戦争で死んだ人間が一番かわいそうだ。彼らが勲章をもらうならわかるが、戦争から無事に帰ってきて幸せに暮らしている者が勲章をもらうなんてどうかと思うよ」と感想を述べていた。

天皇陛下の名の下に出征し、自らの左腕と多くの戦友を失った水木。
昭和天皇ではないにしろ、このたび天皇陛下に直接戦争の話が出来たことには特別な意味があったと思うが、後から感想を聞くといつものひょうひょうとした水木節。
「感想・・・まぁ特にはないネ。天皇は頭がいいナ」と一言。
 
ホテルオークラでの顕彰式にて 皇居にて
ページトップへ