水木しげる近況

2007.08.28NHKドラマ「鬼太郎が見た玉砕」秘話(8月28日)

8月12日に放送された「鬼太郎が見た玉砕~水木しげるの戦争~」は、とても好評だった。香川照之さんをはじめ皆さんの意気込みが観る人にも伝わったようだ。
水木は、このドラマを見て「水木サンに、よー似せちょーな!(よく似せてるな)」「良くできとるよ!」と喜ぶ一方、戦争のシーンは「実際はもっと過酷で死にものぐるいだった」と言っていた。
「戦争は、戦争を体験した人間にしか描けない」と水木はよく言っているが、やはり実際の戦場は知識や想像だけでは描けないのだろう。
ドラマでもかなり戦場の過酷さは伝わってきたのだが、本当の戦場は戦争を知らない我々の想像を超えた世界なのだ・・・。

このドラマは、キャストの方々だけでなく演出の柳川強さんはじめ、スタッフの皆さんの並々ならぬ努力によって生まれた。「私はくるわに咲く花よ~」という歌が使われていたが、
これは水木の原作「総員玉砕せよ!」でも象徴的に使われている。この歌のメロディーを、NHKで頑張って探したのだが見つからなかったので、結局水木自身に歌ってもらうことになったのだ。
水木が歌ったメロディーをすぐに歌手の人が歌い、違うところを水木がチェックし、また歌ってもらって・・・ということを繰り返して楽譜に起こした。こんな地道な作業の結果、あの歌がドラマで流れた。
 また、「総員玉砕せよ!」を描いている水木の部分。これは水木プロのチーフアシスタントが、NHK名古屋スタジオに出向いて作画シーンのご協力をした。
「香川さんにGペンの使い方を教えてあげたら、飲み込みが早くてビックリした!」と言っていた。香川さんはとても器用な人らしい。
「鬼太郎が見た玉砕」は、この秋に再放送があるそうなので、見逃した方は是非ご覧になってください。
ページトップへ