水木しげる近況

2006.10.24「大水木しげる展」お礼の会(10月24日)

朝日新聞社主催の「大水木しげる展」が全国12会場を巡って、この8月無事終了した。平成16年4月の鳥取県立博物館を皮切りに、足かけ3年の長きに渡って全国を巡回し
30万人近くの人たちに水木の世界を楽しんでもらうことが出来た。この「大水木しげる展」に尽力して下さった方々をお招きして10月13日、お礼の会を開催した。
プロデューサーの荒俣氏や京極氏、主催の朝日新聞社の方々をはじめ皆さんにおいで頂いて、水木はとても喜んでいた。中華のコース料理だったのだが、水木はフカヒレや北京ダックよりも、
最後の「フルーツ盛り合わせ」と「汁ソバ」が一番美味しかったようだ。最近の水木は、とにかくフルーツと麺が好き。
荒俣氏、京極氏に見守られ、 フルーツ盛り合わせを前に 思わず立ち上がる水木。 たくさんの方にお集まりいただいた。
下から2列目右から3人目が水木。
真ん中で色紙を持っているのが企画をして下さった朝日新聞の藤本氏。
ページトップへ